Bio プロフィール

 

I grew up in North London, but since 1994 I have mostly lived in Japan. I work in Tokyo as a university professor specializing in modern Japanese history and culture, so composition is a passion rather than a profession. I write music when I can, although the pressures of academic life allow precious little time for it these days.

I remember playing tunes I had written to my piano teacher when I was very young, and the composition bug has never left me. I am entirely self-taught as a composer. I learned through trial and much error while performing in and writing for student/amateur orchestras, chamber ensembles, and choirs. My compositions are simply pieces that I wanted to play, sing or listen to myself. I love most classical music from Bach to Bartok, and my inspiration to persevere in both academia and music comes from researcher-composer Borodin. I have a particular fondness for the repertoire of my instrument, the violin.

私はロンドン北部で育ち、1994年以降はほとんど日本で暮らしています。現在は東京で大学教授として働いています。専門は近現代日本の歴史と文化です。私にとって作曲は職業というより情熱であるといえます。この頃では研究活動が忙しくあまり時間を割けませんが、時間が許す限り作曲をしています。

幼い頃、ピアノの先生のために自分でメロディを書いて弾いたことを思い出しますが、その頃からずっと「作曲の虫」に取り憑かれています。作曲は完全に独学で学びました。試行錯誤(錯誤がやや多めでしたが)を繰り返しつつ、学生やアマチュアのオーケストラ、室内楽、合唱の団体で演奏しながら、音楽作品も提供してきました。私の音楽作品をひと言で言うと、私自身が演奏し、歌い、聴きたいと感じる音楽であるといえるでしょう。クラシック音楽といえば、私はバッハからバルトークまでほぼすべて好きですが、アカデミアと音楽の2つの世界でじっくり取り組むという姿勢は、ボロディンに感化されているといえます。彼自身が研究者であり、作曲家であったからです。私自身も演奏するバイオリンのための曲がとりわけ好きです。