Op. 6 Bitter Suite ビタースイート組曲

 

Op. 6 作品番号6
Title: Bitter Suite 作品名:ビタースイート組曲
Length: 23 mins 長さ:23分
Completed: 1998 完成年:1998年
Scoring: Violin, Viola, Cello, Bass, Flute, Oboe, Clarinet, Horn 編成:バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オボエ、クラリネット、ホルン
First Performance: 2003 初演:2003年
Sheet Music: Coming soon 楽譜:準備中
YouTube Recording: Excerpts YouTubeで録音:サンプルあり
Commercial Recording: CD Philip Seaton – Chamber Works 録音販売:CD 「Philip Seaton – Chamber Works」

 

The octet Bitter Suite is in three movements and is about the emotional ups and downs of early adulthood. Innocence depicts a gradual awakening to some of the injustices of life. Love and Pain tells the story of a broken heart. Hope and Uncertainty juxtaposes hopes for the future with the realization that there is no guarantee of a happy ending.

「Bitter Suite ビタースイート組曲」は若き日の喜びと苦悩を表現した3楽章からな る八重奏である。第1曲Innocence(無邪気な単純さ)は、徐々に人生の不条理を知ることを、第2曲Love and Pain(愛と苦しみ)は傷ついた心を、そして第3 曲Hope and Uncertainty(希望と不確かさ)では幸せな結末を期待しつつ、同時にそのようなものの不確かさを描写している。

 

Excerpt (from the CD Philip Seaton – Chamber Works)