I am very interested in contemporary composers who write music in the sort of accessible styles that attracted me to classical music in the first place, but who nevertheless stamp their own individuality and modernity on their work. This page gives a list of contemporary composers to whose music I feel a special connection … for various reasons. My interests are primarily in the UK and Japan, but I do not want the list to be restricted to those two countries. Do let me know if there are others I should include!

私は、親しみやすい音楽を書きつつも、個性やモダンさを発揮しているコンテンポラリーな作曲家に非常に興味を持っています。そもそも私自身も、こうした作曲家に惹きつけられて、クラシック音楽の世界に入りました。このページでは、様々な理由から私が特別なつながりを感じているコンテポラリーな作曲家の一覧を載せています。私の関心は主に英国および日本国内の作曲家に向けられていますが、他の国の方々を排除するわけではありません。この一覧に加えるべき作曲家をご存知でしたら、ぜひお知らせください!

Composers are listed by surname in alphabetical order, and the link is to their official website.以下では、作曲家の姓をアルファベット順に掲載しており、公式ウェブサイトへのリンクを張ってあります。

Ayres, Paul: I learned about Paul Ayres’ work when The isle is full of noises featured in a concert in which one of my pieces (The Mill Suite) was also performed. Very atmospheric.

あるコンサートでポール・エアーズのThe isle is full of noisesという曲と、私の作品(「ミル(水車)組曲」)が演奏されたことがきっかけで、彼の作品を知りました。非常に叙景的な音楽です。

Bartley, Jil: Her Requiem is just fabulous. It is one of my favorite new musical discoveries of the past few years.

Requiemは実に素晴らしい作品です。音楽の世界におけるここ数年の発見のうち、最も気に入っている作品のひとつです。

Dale, Rebecca: Clearly a star in the making, and getting much deserved attention at present. She wrote her Requiem for her mother, I wrote mine for my grandmother. I just understood immediately where that urge to write came from.

作曲の面においても、それに相応しい名声を得るという面においても、今日のスターであることは疑いありません。デールはRequiemを母のために、私は「レクイエム」を祖母のために書きました。本作を書くに当たってデールの衝動がどこからきているのか、私にはすぐ分かりました。

Fuuki, Harumi: I hesitate to include Fuuki because she writes mainly for film and television, but she is a classically-trained star of the current Japanese scene and I was addicted to her soundtrack for the drama Massan a few years back!

富貴晴美:映画やテレビ番組向けの音楽を中心に手がけているため、この一覧に加えるべきか迷いましたが、富喜氏はクラシックを学ばれ、今日の日本を舞台に活躍されている方です。数年前の「マッサン」というテレビドラマのサントラに、私もはまっていました!

Gunning, Christopher: He is famous for his work in television, but I love the fact that he has dedicated so much of his career to concert music. I have a soft spot, of course, for his Violin Concerto.

テレビ番組のための作品で有名ですが、演奏会向けの曲作りに長く取り組まれていることが素晴らしいと思っています。Violin Concertoが、ご多分に漏れず私もとにかく好きです。

Hawes, Patrick: I bought his album Blue in Blue many years ago, and with my academic background in war memories The Great War Symphony is of great interest, too.

Blue in Blueというアルバムを何年も前に購入しました。戦争の記憶を研究している私にとっては、The Great War Symphonyもまた非常に興味深いものです。

Mechem, Kirke: I feel a connection with his “unconventional” route into classical music, and of course (given my research), I can’t wait to hear his opera Pride & Prejudice in full sometime!

あまり「一般的ではない」道を進んで、クラシック音楽の世界に入られたことに親近感を覚えています。そして、(私の研究を考えれば)当然のことではありますが、オペラPride & Prejudiceを、いつの日か通して聴くことが楽しみでなりません。

Rodgers, Sarah: Modern English music in the tradition of many of my absolute favourite composers, and a composer to whom I owe a great personal debt for her support and encouragement.

モダンイギリス音楽です。私の大のお気に入り作曲家の多くを連想させる作風です。また、私自身の音楽活動について、彼女からのサポートと励ましを受けており、大きな恩があります。

Rutter, John: Divine choral music. I played in the orchestra for a performance of his Requiem when I was a student and was hooked …

素晴らしい合唱曲です。Requiemを、私はオーケストラの一員として学生時代に演奏し、夢中になりました…

Shibuya, Makito: A Japanese composer, very close to me in age and style, writing primarily chamber music.

渋谷牧人:私と年齢や作風が非常に似ている日本の作曲家です。室内楽を中心に手がけています。

Tsujii Nobuyuki: Is he the highest profile concert soloist writing and performing his own music in the manner of the legends of the past? Respect!

辻井伸行:過去のレジェンドたちのように、自身が書いた作品の演奏を行い、最高の評価を受けているソリスト、というのは彼のことでしょうか?尊敬!

Williams, John: Incredible lyricism. Give his film scores to a concert orchestra and you have some of the greatest tone poems, orchestral suites and symphonies of the past 50 years.

信じられないほど叙情的。彼の映画音楽のスコアを楽団に渡して演奏させたなら、過去50年で最も素晴らしい交響詩、管弦楽組曲、交響曲を耳にすることでしょう。

 

And there is one more … Philip Thonemann was a teacher of mine at school. In this article he mentions a symphony which I played in aged about 14 or 15. I just knew I wanted to do the same myself one day.

そして最後にもうひとり…Philip Thonemannは、私の学校時代の先生でした。この記事の中で語られている交響曲は、私が14歳か15歳頃に演奏しました。いつの日か、自分も同じことをしてみたいと、はっきりと思っていました。