日時(案):2024年12月14日(土)15時〜

場所(案):日本福音ルーテル小石川教会

 

趣旨:2024年12月に両親が来日する予定。80歳以上になったので、最後の来日という想定。来日中のイベント兼クリスマスコンサートを行う。フィリップの作品の初演+録画をする。

集客:奏のコンサートの常連様を中心に。フィリップも他の出演者も集客で頑張る!クリスマのイベントとして、教会のメンバーと地域住民にも声をかける。仮に、50人@3000円=15万円を目指す?

録画:FantasiaもChristmas Quintetの動画を収録する。本番も録画する。フィリップがFantasiaとChristmas Quintetの動画をYouTubeにアップしたい(そして、自分で出演するのは、この機会=Christmas Quintetだけだろう!)。他の録画は、演奏家が自由に利用できる。

支出:フィリップは、出演者一人あたりのギャラ2万円を出す(4人@2万円=8万円)。プロジェクト運営+雑費で2万円。企画内容が確定したら、計10万円を奏に振り込む。コンサートの利益(チケットの収入マイナスホール代、チラシなど)は、演奏家の追加ギャラ。赤字にならないようにする!収録代(もしあれば)は、フィリップが負担する。

 

曲目:

前半は「真面目な曲、ピアノ四重奏Vn, Vla, Vc, Pno」。ピアノ四重奏曲(モーツァルトなど)から1楽章。別の組み合わせもOK(ソロバイオリンの曲などがあれば、全員での練習時間を抑えられる)。フィリップの曲は一つある。Fantasia on the Lord’s Prayerは、主題と変奏曲(これから作曲する、15分程度)。

後半は「クリスマスの曲」。2年連続、Sir David Willcocks Christmas Carol Competitionにエントリーをしたが、優勝しなかった。作品は、無演奏のまま。英語歌詞のキャロルを日本で初演するのは難しいので、朗読+ピアノ五重奏曲版(Christmas Quintet)で、初演をする。簡単に言うと、SATBパートをカルテットで演奏し、伴奏はほとんどそのまま。朗読を含めて、計20分。

それ以外は様々な組み合わせ(ピアノソロ、Vn+Vcなどなど)でクリスマスの雰囲気!

アンコール。2022年に初演された「除夜の鐘」。

 

出演者:

Vn 成原奏

Vn フィリップ・シートン(24年ぶりのステージ!Christmas Quintetのみ。Vn 2のパートは全然難しくないので、できる。)

Vla 未定

Vc 未定

Pno 未定

 

前半:

SchumannやMozart: Piano Quartet 1st movement (15分程度)

Philip Seaton: Fantasia on the Lord’s Prayer (作曲中、ピアノ四重奏曲、15分程度)。

 

後半:

Philip Seaton: Christmas Quintet(ピアノ五重奏+朗読)1)Music on Christmas Morning、2)O’er There is a Stranger, 3) Love Came Down at Christmas、4)作曲中

 

アンコール

Philip Seaton: 除夜の鐘(Vn + Cello + Pno、5分)