About my musical activities 私の音楽活動について

 

日本語の翻訳は、英文の下にあります。

Thank you for visiting my music website. In this first blog entry I will explain about the type of musical activities I am involved in and their relationship to my work at Tokyo University of Foreign Studies.

I played the violin and piano for over two decades until repetitive strain injury caused my retirement as a player in 2000. I still play the piano from time to time and sit at the piano to compose, but I cannot do concentrated practice or play for long enough to do concerts. My main musical activity these days is composition. I write pieces and produce the sheet music so that they may be performed by others. I feel most comfortable writing for strings and choirs because I spent many years observing how music fits together while playing violin and singing bass in student and amateur orchestras and choirs.

Writing music means little if it just stays in my head and on my computer. I publicize and distribute my compositions in the following ways:

1) This website introduces all my musical activities. It also contains a blog where I post articles relating to composition and classical music more generally.
2) There is an abridged version of this website at Impulse Music Consultants, which supports and promotes my music in the UK.
3) The sheet music of my pieces is published in the UK by AndArt Music.
4) The published sheet music is sold and distributed on tutti.co.uk, an online store based in the UK supporting contemporary classical musicians.
5) When financially viable, recordings are produced and distributed. My first CD, Philip Seaton – Chamber Works, is released in September 2018 from HD Impression. Other recordings are available on YouTube (subscribe to my YouTube Channel to hear the latest).
6) On my public Facebook page, @philipseatoncomposer, I post news about my compositions, blog articles, and share the work of other living composers.

All the above musical activities are completely separate from my day job. I have no position at TUFS related to music. I do music in my free time and as a hobby. The university supports my musical activities as long as my job gets done!

Under the terms of my employment at TUFS, I am unable to write music on a commercial basis. I cannot accept paid work to write or arrange music. But, I will consider unpaid commissions from musicians, educators and music festivals, as long as they create no conflict of interest with my work as an academic. Time limitations, however, mean that I can accept very few invitations, particularly for large-scale works.

Music is a hobby, albeit one that I treat in a very professional manner, and I would like to keep it this way. But, I can only keep doing what I do through the kind support of the many people who have helped turn my music from notes on a page to concert performances and recordings. To all those people who have played my pieces, and to those who help by passing on the word to others about my music, I am most deeply grateful.

17 July 2018

私のウェブサイトへようこそ。今回のブログでは、私の音楽活動と、私の東京外国語大学における仕事との関係についてご説明したいと思います。

私はこれまでバイオリンとピアノを20年以上に亘り演奏してきましたが、2000年には反復運動過多損傷(RSI)により、断念せざるを得なくなりました。ピアノについては、時折演奏したり、作曲のために触れたりしますが、集中的に練習したり、コンサートのような長時間の演奏はできなくなりました。このため、今日では作曲が私の音楽活動の中心といえます。誰かに演奏してもらえるよう、作曲し、楽譜に起こしています。一番得意とするのは、弦楽器や合唱のための作曲です。というのも、学生やアマチュアのオーストラや合唱に参加し、バイオリンを演奏したりバスのパートを歌ったりしていた経験から、どのように音楽が響き合うのか何年もの間じっくり観察してきたためです。

作曲に関しては、私の頭とコンピューターの中にあるだけでは、あまり意味がありません。このため、以下のように、作品を公開し入手できるようにしています。

1.当ウェブサイトにおいて、私のすべての音楽活動を紹介しています。この中には、より一般的に作曲やクラシック音楽について書いた記事等を載せたブログもあります。

2.当ウェブサイトの簡略版がImpulse Music Consultantsに掲載されています。同社は英国において私の音楽作品のサポートおよび普及を行っています。

3.私の音楽作品の楽譜はAndArt Musicにより英国で出版されています。

4.出版された楽譜は、現代クラシック音楽をサポートしている英国のオンラインショップtutti.co.ukで販売されています。

5.経済的に実現可能な場合は、作品を録音し、入手できるようにしています。私の第1作目となるCDPhilip Seaton – Chamber Worksが2018年9月にHD Impressionから発売予定です。その他の録音作品はYouTubeでお聴き頂けます(最新の楽曲をお聴き頂くには、私のYouTubeチャンネルにご登録ください)。

6.私の公開Facebookページ@philipseatoncomposerでは、私の音楽作品に関する情報やブログ記事の掲載、健在の作曲家の作品の紹介を行います。

こうした音楽活動すべてについて、私は日中の仕事とは完全に切り離しています。東京外国語大学における私の職は、音楽に関するものではありません。余暇に趣味として音楽に取り組んでいるということです。大学側からは、私の本務がしっかり遂行されている限り、音楽活動を応援してもらえます!

東京外国語大学との雇用契約の関係上、商業ベースで作曲を行うことはできません。つまり、報酬を伴う作曲や、曲のアレンジを引き受けられない一方で、音楽家、教育者、音楽祭からの無報酬の依頼については、学者としての仕事との間で利益相反がない限り、検討したいと考えています。ただし、時間的制約から、特に大規模な依頼については、限られたものにしか応じられません。

音楽は趣味ではありますが、私はこれまでもそうしてきたように、あくまでプロフェッショナルの姿勢で取り組みたいと思っています。しかし、私のこうした活動は、紙面の上の音符を、実際のコンサート演奏や録音という形にすることを手伝って下さった多くの方々からの温かいサポートなくしては続けていけません。私の音楽作品を演奏して下さったり、広めて下さったすべての方々に、深く感謝致します。

2018年7月17日