Op. 8 The Greatest is Love 最も大いなるものは、愛である

 

Op. 8 作品番号8
Title: The Greatest is Love 作品名:最も大いなるものは、愛である
Length: 10 mins 長さ:10分
Completed: 2003 完成年:2003年
Scoring: Choir (SATB), Strings, Organ 編成:合唱団、弦楽器オーケストラ、オルガン
First Performance: 2004 初演:2004年
Sheet Music: No 楽譜:準備中
YouTube Recording: No YouTubeで録音:なし
Commercial Recording: No 録音販売:なし

 

The Greatest is Love is a setting of the famous Bible passage from I Corinthians 13 to music for choir, organ and strings.

「最も大いなるものは、愛である」は、合唱、弦楽オーケストラとオルガンによる、聖書の「コリントの信徒への手紙一」13章の有名な一節に合わせた作品です。

 

Lyrics: I Corinthians 13

I may speak in tongues of men or of angels. But if I’m without love I am a sounding gong or a clanging cymbal. I may have the gift of prophecy and know every hidden truth. I may have faith strong enough to move mountains. But if I’m without love I am nothing. I may dole out all I possess or even give my body to be burnt, but if I have no love I am none the better.

Love is patient, love is kind, and envies no-one. Love is never boastful or conceited, never selfish, not quick to take offence. Love keeps no score of wrongs, does not gloat o’er others’ sins but delights in truth. There is nothing love cannot face. There’s no limit to its faith, its hope and endurance.

Love will never come to an end. Are there prophets? Their work will be over. Are there tongues of ecstasy? They will cease. Is there knowledge? It will vanish away. For our knowledge and our prophecy are partial and the partial vanishes when the wholeness comes.

When I was a child, my speech, my outlook, my thoughts were all childish. When I grew up I’d finished with childish things. Now we see only puzzling reflections in a mirror, but then we shall see face to face. My knowledge now is partial, then it will be whole like God’s knowledge of me.

There are three things that last for ever. Faith, Hope, Love. Three things that last for ever. Faith, Hope, Love. But the greatest is love.

 

歌詞:コリント人への第一の手紙、第13章

たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や騒がしい鐃鉢と同じである。たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。

愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

愛はいつまでも絶えることがない。しかし、預言はすたれ、異言はやみ、知識はすたれるであろう。なぜなら、わたしたちの知るところは一部分であり、預言するところも一部分にすぎない。全きものが来る時には、部分的なものはすたれる。

わたしたちが幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、また、幼な子らしく考えていた。しかし、おとなとなった今は、幼な子らしいことを捨ててしまった。わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。

このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

日本語訳:http://bible.salterrae.net